自動車保険で弁護士費用等補償保険

自動車保険で弁護士費用等補償保険

自動車保険には、便利な弁護士費用等補償保険があります!

この保険は、相手方との交渉で必要になる弁護士費用を補償してくれるというものです。責任のない事故などで補償対象となる人が死傷したり、物を壊されたりした場合、必要となる弁護士費用を保険金として肩代わりしてくれます。

保険対象者は、記名被保険者とその配偶者、そしてこれらの人の同居の親族もしくは別居の未婚の子、そして契約の自動車に搭乗中の人となります。弁護士費用等補償保険は、相手に後ろから追突された場合、相手が交差点で赤信号を無視してきて衝突した場合、相手がセンターラインを越えて衝突した場合、駐車場に止めた車に相手がぶつかってきた場合、相手が過失割合に応じた賠償金を支払ってくれない場合、などに効力を発揮する保険です。

そのため、被保険者の故意もしくは重大な過失で発生した被害事故や、被保険者の父母、配偶者もしくは子の運転する相手自動車で発生した被害事故、また、無免許運転や麻薬等の影響で正常な運転ができない状態での運転などで生じた損害については補償されません。

2016年6月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:買取関連

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。