査定には何が必要?のアーカイブ

買取してもらう車の自動車納税証明書を紛失したどうすればいいの?

Funny cartoon car自分の車を買い取ってもらうときに必要な書類の1つに「自動車納税証明書」があります。この自動車納税証明書は年に1回支払う自動車税の控えを大事に保管しておいて、この控えを自動車を買い取ってくれる業者に支払います。
この自動車納税証明書を買取業者に渡さないといけません。

車の名義変更はおろか車検も通すことができなくなってしまうので紛失しないとように大事に保管しておきましょう。よくある事例が自動車納税証明書を紛失している事に気付くタイミングは、自動車の車検を行う時に自動車納税証明書を紛失している事に気付く人も多いかもしれません。

納税の証明書はそのくらいとても重要になってくることなので、自動車の買取を考えるときにとても必要になってくる書類になってくるのでもらった納税証明書はしっかりと保管しておくことがとても重要になってくるので忘れないでしっかりと取っておきましょう!

2013年12月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:査定には何が必要?

パーツは査定には重要?

車を売りたいと思ったら、パーツも一緒に査定してもらいたいと思っている人は多いと思います。実際に車のパーツも一緒に売りたいと思っている人も多いと思いますが、実際にパーツ査定は査定額額に影響するので、しっかりとパーツも査定してもらうようにしましょう。

車のパーツならオプションパーツを売ったほうが高く売れると思っている人は多いと思います。実際にオプションパーツを付けてカスタムしたいと思っている人が多いのですが、オプションパーツは査定額が低くなってしまう可能性が高いです。

パーツがない場合にはかなりの査定額の減額を覚悟しなければいけないのでしょう。というのもパーツはついていて当たり前と思われてしまうのでパーツがなければなかなか査定額は上がりませんし、査定額の減額につながってしまうので注意をしておくことが重要になります。

2013年9月10日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:査定には何が必要?